決断するのって難しい

こんばんは。ソリーソ代表の らん@びよら です。

昨日は、台風に振り回された1日でした。


朝起きたら(7時前)、外はいきなり土砂降り。

風も強いし、正直外に出たくなかった位の天候になっていました。

もう少し遅く来るかなと思っていたのが当てが外れた格好。

で、夜にはソリーソの練習がある。


さあどうする?


さあどうする? と、自問自答しつつ

「どうしていいかわからない…」というツイートをしている私がそこにいました。


とりあえず、運営のまとめサイトに「どうするか?」というのをお伺いをたて、

運営の皆さんの色々な意見を聞きました。

よく皆さん、あの時間に起きていたものだとは思いますが。

わかっていたのは「最後の決断をするのが、代表の役目だ」ということ。


すでに、電車の遅延は起きているし、予報では「段々雨は強くなる」という。

朝ならともかく、夜だと、それこそ電車がうごかなくなったら帰れない。

しかも、ソリーソには、掛け持ちや、遠くから来ている人も比較的多い。

学生さんを、電車の遅延で帰れなくするわけにもいかない…

などなど、堂々巡りをしつつ、決断したのは「練習中止」ということでした。


さて、決断したのが8時前。

とにかく、団員に周知徹底させなければいけない。

会場に1人でも、「来てしまったけど、やってない」という思いをさせちゃいけない。

こういうときには、少人数で、且つ、ネットで繋がっている人が多いオケは強いもので、

とにかく、twitter 、フェイスブック、メール、LINEなど、あらゆる手段を使いました。

twitterの文を読んでいるかどうか?というのは、団員のTLで確認したり、リツイートをしているかとか、

フェイスブックだと読んだ跡があるかとか、「いいね!」を押しているかとか、コメントがあるか?とか。


今日に限って、午前中少しだけ仕事がはいっていたので、まずTwitter、フェイスブックに投げ、

帰って来てから、メールで一斉送信をしました。

落ち着いて、読んだかどうかを一応チェックしてみて、

Twitter で反応が無かった人には、直接@を投げかけて確認、それでもどうしても5人程確認が取れなかったので、別ルートでメールをしてもらったり、最終的には、要返信メールを出したり…

そうこうしているあいだに、午後の仕事の時間(終わるのが17時)になってしまって、やることやったから、なんとかなるだろう…と、微妙に投げ出して、あとは、メールの確認だけ、仕事の合間にやってました。

結局、最後の1人が確認できた時には、15時を廻っていました。

しかし、その頃にはもう晴れていて、正直、決断が間違っていたかなと、少し落ち込んでいたりしました。

会場もキャンセルしなければ、有志の人が行って使えたかなとか、色々。


でも(単に外に出ていなかっただけかもしれないけど)、その決断を非難する言葉が無かったのがせめてもの救いでした。

しかし、貴重な1回の練習が流れたのは事実。

とりあえず、10月で開けていた日、練習場があれば人が少なくてもやろうという提案をする前に、少し遠いけど、なかなか良さげな会場がとれたので、ほっとしました。

とにかく、「判断は難しい」のを実感しました。

この経験から、「大雪の予報が外れたのは気象庁のせいだ!」と理不尽に怒られている人の

気持ちが少しわかったようなきがしました。(晴れたんだから文句言うなよと)


もう台風くるなよーーーーー!

と、げきおこぷんぷんまる。

Sinfonietta Sorriso

シンフォニエッタ・ソリーソ 〜 「笑顔」の名を持つ小さなオーケストラ 〜 の公式サイトです。 ヴァイオリン、ヴィオラを一緒に演奏する仲間を 若干名募集しております。 「blog」から「弦楽器団員募集します♪」をご覧ください。

0コメント

  • 1000 / 1000