9/29、10/6練習後記と(自称)学生飲み!

おはようございますー

(書き始めは朝8時頃でした…)

sorrisoの良心(って昨日言われた)ことそるです。笑

待てど待てどあやねえが練習後記を書いてくださらないので書いちゃいます(`ω´ )

…まぁ、皆様お忙しいのは重々承知ですのでしょうがないですが。


ただいまソリーソは9/29の練習、それから10/6の練習、そして昨日(10/8)の学生飲み、と、鋭意活動中です!

そして10月は毎週日曜日夜に練習が入っております。

本番までもあと1ヶ月ほど!

練習始まったのがついこの前のようです…が、素敵な演奏ができるように本番まで頑張っていきます!


さて、9/29の練習では(ちょっと忘れかけなのでざっくりいきますが、すみません)まずちゃんと指揮を見ようということ。


指揮者様がこうしたいああしたい、ここのテンポはこんなので、そのパートもっと、ここは抑えて、ほらここは巻いてー!…と、指示してくださってます。ので、指揮を、指揮者様がどんな風に振っているか後で話題にしちゃうくらいに、毎度とは言いませんがまず一度ガン見して見てください。笑

で、そしたら、あ、ここはこんな風に振ってたんだって気付かれることがあるかもしれません。

今まで、弾くのが大変、吹くのが大変、で譜面にかじりついてることも多かったと思いますが、あと1ヶ月くらいです。

どうせなら団員と、そして指揮者様と、もっともっとアンサンブルしてみましょう。

おもしろい発見も出来るやもしれません。笑


次に、曲で言うとプロコフィエフの古典ですが、4楽章、指揮者様がこのくらいが良いといったテンポで(多少の「時間」という不可抗力もありましたが笑)やってみました。

今までに比べると早い早い。笑

皆様必死で演奏なさってるのを横目に、出番の少ない私はCb.の方ととっても楽しく演奏しておりました。笑

すみません。笑

確かに早いテンポではありますが、個人的にあのくらいのテンポの方がノリが良く、通した時に曲の終楽章としてもはまるかと思いました。

大変ではありますが、ぜひあのテンポにできるよう頑張っていきましょう!


10/6は、プロコ先、ベト7後で練習。

プロコは楽章ごとに繰り返し繰り返しやって、慣れるという事をしてました。

ついている松葉(クレッシェンドデクレシエンド)はもっと、とか、音量に関してのことも。

人数の問題もあるかと思いますが、もっと出してと言われたパートが多かったかなと思います。

もっとと言われたところはまず思い切り演奏してみちゃいましょう。うるさければまたそこは抑えてと指示があるはずです。

案外、大袈裟と思うくらいがちょうど良い場合もありますからね。


で、ここでObのみけさん会場到着(ヒーローは遅れて登場?笑)

休憩後ベト7の3楽章からの予定でしたが、まず1楽章頭をやることに。

やっぱり1パート1パートが大事ですね。音が無くなるだけでだいぶ印象は変わりますよね。笑

あ、これは4楽章の話ですが、繰り返しのあとが戻ってこれなかったりする事が、今まで多かったようにも思います。

ここは戻る!今は2回目だから次行く!というのを、ちゃんと頭におきつつ演奏しましょう。自戒も込めて、です。苦笑

音が無くなってあれれれとなってしまうと、その時良い演奏できていたら勿体無いですからね。

みなさんで注意していきましょうー


で、です。

昨日の(自称)学生飲みは私は途中参加でしたが、とっても楽しかったです!

あやねえ繋がりの方々とは今までほとんどお話できていなかったのですが、この機会に改めて自己紹介やお話や、することができました!

私が一番年下だーとか、仲良くしていただけるかなぁ…とかも思っていたのですが、皆様とても良い方々ばかりで。

あやねえと指揮者様の絡みとか、いちろーさんとあやねえとか、おもしろかったです。笑


もっと長く話をしてもいたかったのですが、終電で帰宅の途につきました…。今日1限からでしたしね…苦笑

…個人的話ですが、私カクテルを初めて飲んだりもしたのですが、あれだったらものによれば飲めるかなぁとも思ったり(お酒はだいぶ弱いようですので…。)

楽しくお酒が飲めるようになれれば良いなーと思います(´ω`*)


企画と幹事とやってくださった指揮者様、あやねえ、本当にありがとうございました!

これを機に、さらに良い演奏会にするためまた頑張っていきましょうー*¥(^o^)/*

Sinfonietta Sorriso

シンフォニエッタ・ソリーソ 〜 「笑顔」の名を持つ小さなオーケストラ 〜 の公式サイトです。 ヴァイオリン、ヴィオラを一緒に演奏する仲間を 若干名募集しております。 「blog」から「弦楽器団員募集します♪」をご覧ください。

0コメント

  • 1000 / 1000