チェンバロが入りました

宴会部長です。

先日の練習では、チェンバロ奏者のS女史をお迎えして、ほぼ本番通りのバッハ練を行いました。

「こんな都心に、チェンバロを貸してもらえるスタジオが本当にあるの????」と疑いたくなるような立地でしたが、中に入ると、本当にチェンバロがありました。(当たり前です)

人数もほぼ揃い、実際に音を出してみると、いろいろと不都合があることが発覚。もちろん、本番会場でないと本当の音はわからないのですが、ド迫力とはいえ、やはりそこはヴァイオリンなので、音のバランスが悪い部分があちこちで見られました。その部分を、S女史のアドバイスも受けつつ、いろいろ調整すると、落ち着くところに落ち着いた感が!

チェンバロのキラキラした響きが入ると、本当にここが現代の東京ど真ん中なのか?バッハの時代の宮廷の庭なのではないか?(大げさ)と錯覚しそうなくらいでした。

3時間の熱の籠った練習も終わり、あと1ヶ月、精度を上げて頑張ろうと言う気になった、宴会部長でした。

Sinfonietta Sorriso

シンフォニエッタ・ソリーソ 〜 「笑顔」の名を持つ小さなオーケストラ 〜 の公式サイトです。 ヴァイオリン、ヴィオラを一緒に演奏する仲間を 若干名募集しております。 「blog」から「弦楽器団員募集します♪」をご覧ください。

0コメント

  • 1000 / 1000