完結するかどうか不明!大弦練の記録!!(3)

「5楽章のトリオ」とは、超むずかしいのに、弦楽器しかいない(メロディーをホルンが飄々と吹いている)ので、ごまかしがきかないという難所の一つ。たった26小節が気の遠くなるほど長く感じられるのであります。多分、超絶にむずかしいのはチェロじゃないかな?と思いますが…

「じゃあ、トリオからお願いします」

「手加減ありますか?(ゆっくりやるとか、ないよね?)」と念のため(かすかな希望を持って)指揮者にお伺いを立てたところ速攻で

「ありません(きっぱり)!、まあ、どうしても合わなかったら手加減するかも」

はぁ…orz

インテンポでやったり、ゆっくりやったり、8小節めだけ取り出したり、

つじつまを合わせる?全部引かなくてもなんとかならね?いや、ならないよね…

アーーーーもぅっ!!!

そんなこんなで30分ほど、26小節のために費やされ、

少し速度を落として、一通り通して、やっと大休憩(ただし、30分)になり、○○さんは無事に解放されたのでした。

(筆者は、その30分の間、6楽章の地獄のあそこをさらっていて、指揮者から「怖かった…」と褒められました)

録音は4つめになりました。

ここでやっと譜面台が余り、指揮者の目の前に譜面台が現れたのでした。

なんで膝に上にスコアを…というのはそういうことだったのか。

「あ…すいません、ボーっと(寝落ち)していました」と、コンミス嬢。

「寝てないのかな?(お仕事がら、寝られないことが続いているそうです)」

「大丈夫、寝たら起こしてあげるから」(私)

「ギュっとしてあげる…首を」(指揮者)

「そのまま逝っちゃったどーするんですかっ!」

「そしたら一緒に…ww」

「それはだめでしょー、職場から白い車が来ちゃうよ!」

何ブラックジョークやってんですかね?

閑話休題。チューニングを行い。夜の部に突入。

まずはブラームス2楽章。

「いつもモヤっとする2楽章から…」

まあ、確かにもやっとしてますが、何度か合わせているうちに、だいぶ「もやっ」も落ちているような感じです。

ちなみに、びよらの「たらラララーーーラ、たらららラーーーーラ」は萌えポイントです♪

しかし、いつ聞いてもいい楽章ですよね~

音がちゃんときまればの話ではありますが(苦笑)

ブラームスさん独特のやるせない音は、とても不安定な気分を煽ります。

「ヴィオラさんの、ここ、(最高音の)レ♯、ここが決まるといいですねw」

「が、頑張ります…(涙)」

(言い訳ですが、いつも一緒になるフルートが当てにできなくて涙なのでしが)

ファーストヴァイオリンのメロディ、いいですねえ~。

チェロも同じメロディ、ますますいいですね~。

がっ!どーしてもうまくできない89小節からのUn poco ritenuto !

特訓モードに突入…延々と20分。(結局、振り分けることになったんだっけ?ここ)

夜の部、40分かけて2楽章を特訓したのち、いきなり6楽章に突入。本文がありません

Sinfonietta Sorriso

シンフォニエッタ・ソリーソ 〜 「笑顔」の名を持つ小さなオーケストラ 〜 の公式サイトです。 ヴァイオリン、ヴィオラを一緒に演奏する仲間を 若干名募集しております。 「blog」から「弦楽器団員募集します♪」をご覧ください。

0コメント

  • 1000 / 1000