完結するかどうか不明!大弦練の記録!!(4)

ブラームス、6楽章。まずは最初から流す。

う、うさぎのダンスにはなりたくなーーーーいっ!!(汗)

「16分音符に気をつけましょうね~。段々重くなっちゃうんですよねえぇ…はい、も一回…ん~~~、段々重くなるんですよね…」

そんなこんなで、何遍繰り返したのか忘れました。

1回、1回で問題が発掘されて、ネチネチと修正するという作業を延々と…

15分ほどひたすら繰り返し練習の後…びよら地獄その1に突入。

(ボーイングについて、あれやこれやありましたが、そこは割愛(^^;)

「いやあ、ここのバイオリンって…美味しいよねえ~」

「そうそう、ここだけ代わりたいw」

「マイスタージンガーの最後のメッチャ気持ちいいところみたいにw」

「美味しいところなんか、いっぱいありますww」

(クイズ;上の会話は、誰が何を話したのでしょうか?w)

はい、美味しいんですけどねw

「びよらはストバイを飾ってあげてください」が結論のようでした。

気を取り直して、次に進みます。はい、チェロ捕まりました。いきなり特訓モード突入。

こんな感じに、ある楽器が捕まると、その間は他の楽器は休憩になりながら練習が進みます。

それじゃなければ、この長丁場はきつかったでしょう。(^^;

「次…ごめんねぇ、びよら地獄(その2)」うぎゃっ!

…今日生きて帰れるのだろうか。(泣)

ひとしきり特訓モード(泣)が続いたのち、人数も増えてきて賑やかになってきました。

「よし…230ちょうどから全員で。(びよら)地獄の終わり!」

「地獄の果て!」

「何その地獄の果てっ!!」

「地獄の果てには何がある?」「天国でしょう」んなわけないっ!

地獄の終わりを再び延々と繰り返して合わせること10分が過ぎ…

「今日って有効時間は何時まで?」(指揮者)

「えっと、22時」

「ここを借りている時間が22時ってことで、片付けはその前にやらないと…」

ここで指揮者から爆弾発言

「もしかすると、本当に(22時まで)やるかもしれないから」

ひぃぃ!

「はい、1楽章ど頭、びよら、チェロ!」

めまいがしてきた。本当に生きて帰れるんだろうか…

しかし、弦楽器ってタフだよなあ…今更ながら。

休憩ほぼ無しでよくやるよ…(まるで他人事w)

いや、一番タフなのは指揮者だな。ほとんど休みなしですから…

すでにここで、練習開始から7時間って一体…w

Sinfonietta Sorriso

シンフォニエッタ・ソリーソ 〜 「笑顔」の名を持つ小さなオーケストラ 〜 の公式サイトです。 ヴァイオリン、ヴィオラを一緒に演奏する仲間を 若干名募集しております。 「blog」から「弦楽器団員募集します♪」をご覧ください。

0コメント

  • 1000 / 1000