完結するかどうか不明!大弦練の記録!!(5)

そう、一つ忘れていました。ソリーソの指揮者はドS だったということ!(^^; 

「はい、では、ブラームスの1楽章、ど頭。びよら、チェロ!」

「えっと、Pは気にしなくていいよね?」「いいですw」ど頭の重音は分けて弾かないことになったので、Pはきついのですよ。

なので、ちょっとだけホッとしました。

「途中からセカンドも入ってね」

さて、管楽器のガイドなしにヴァイオリンはちゃんと入れるか?

「ストバイは、セカンドが入るまではぼーっとしてていいからw」

「いや、そりゃまずいでしょう!(苦笑)」

ということで、頑張れせこばい!(いきなり他人事になるw)

しかし、下降音形はどこを取っても難しい…

人が増えたこともあって、音に厚みが増してきました。

フルオーケストラだと、1~2人増えたくらいではあまり変わらないのですが

ここは、ストバイのフルメンバーが7人という小さいオーケストラなので、

ひとりひとりがとても大事なんですよね。

少人数で弾くということで、度胸もつきますしww

(だから、1人が欠席になると痛いというのもあるんですが…)

交互に捕まりながら、延々と特訓モードが続きます。

延々と…延々と(^^;

ブラームス1楽章、40分ノンストップでねちっこくさらって、やっと小休止になりました。(^^;

(多分、指揮者がタバコを吸いに行く時間が必要だから…かと)

さて、休憩で少しリフレッシュしたところで…ブラームスの続き。

3楽章の「うねうねうねうね」の特訓が始まりました。

なかなか合わないところを、何度も何度も…明日は我が身ながら、ヴァイオリンの必死な姿を

「お腹すいたなぁ~」と思いつつ眺めておりましたが。

「うねうねうねうね」の上に乗るホルンには、気持ちよく吹いてもらえるようにしなければなあ…

「強弱などは、管の旋律に合わせてね」はい、頑張ります。

低音が厚くなってきたのもあり、すごく「ブラーーーーーーームスらしい音」に近づいてきたような気がします。

これは、いい傾向ですよね。

30分以上ネチネチとノンストップで3楽章を弾き潰して、次に行きます。

「ブラームスって、結構美男子だったんだよね」

「髭がなければいい男だよね」

「リストにも負けないかも?」

やっぱ、スター性のピカイチはリストでしょうかねえ?ソリーソだとさながら赤パンツがトレードマークの「しんちゃん」?(苦笑)

さて、9時も近くなり、残りあと1時間。ランナーズハイ状態は続く。(^^;

Sinfonietta Sorriso

シンフォニエッタ・ソリーソ 〜 「笑顔」の名を持つ小さなオーケストラ 〜 の公式サイトです。 ヴァイオリン、ヴィオラを一緒に演奏する仲間を 若干名募集しております。 「blog」から「弦楽器団員募集します♪」をご覧ください。

0コメント

  • 1000 / 1000